新型コロナ (COVID-19) :厚労省クラスター班に頼る福井県の現実的危機

世界も東京も大変だけど、 人口比だけ見れば、 福井も大変な状態になっている。

福井新聞:福井県で新型コロナ21人目感染確認
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1059377


福井の人口は約80万弱で、東京の人口は 一千四百万弱だから、約17.5倍。
現時点で感染者数 21名だが、人口比で東京並みにすると367人規模となる。
ここ二日ほどは、連日5人で増えた。人口比で東京並みなら87.5人ずつ増加している。

続きを読む >>

新型コロナ (COVID-19) :関連データサイト

あるメーリングリストに投稿された新型コロナ関連データサイトを紹介しておきます。
複数投稿で紹介されていますので、自分がピックアップしました。

リアルタイムでの集計のせいか、

「毎日少しずつサイトによって数字がずれている感じではありますが」とのこと


続きを読む >>

新型コロナ (COVID-19) :感染爆発の責任、為政者・医療エリートの怠慢と棄民

以下、3月24日に、市民運動のメーリスに投稿したものを修正したもの

 

多くの良心的な人々が、1・2月から危機感をもって言い続けてきた事態、既に世界中で始まった感染爆発(オーバーシュート)が、ここ日本でも、せまっているようです。
なんとか回避できればいい。しなくちゃいけない。
 
しかし、鳥インフルなどのパンデミック危機が、ここ数十年警告され続けてきたにもかかわらず、医療改革と称した利権争いや収奪強化に勤しんできた為政者とその取り巻き、医療関係のエリートたち。
ついに始まった武漢の事態にもかかわらず、カジノ好きの面目躍如というか、人々の命を平気で見捨て、さらには、クルーズ船対策などでは、殺人行為を行い(感染シャーレと言われたクルーズ船に乗客・乗員を閉じ込め、何人もの人を死においやった)、「不要不急」のオリンピックの強行にこだわり、なんの対策もしないまま、ここに至ったことを、改めて、指摘しておこう。
 
腐りきった彼ら自身の権力・権威・利権さえ、根底から脅かしかねない、この怠慢と愚行を、しっかり覚えておこう。
 
いかに異様かということのひとつが、日曜のNHKスペシャル「“パンデミック”との闘い〜感染拡大は封じ込められるか〜 」に登場した押谷仁東北大教授の言説だ。
続きを読む >>

新型コロナ (COVID-19) :命を守れ!利権あり(自然、社会)科学なき、感染、治療、経済対策に抗して

以下、3月22日に、市民運動のメーリスに投稿したものを修正したもの
 
※1 本文中「パンデミック恐慌VSパンデモス連帯〜3・21緊急日銀アクション」の主催団体について
 「World Peasce Now の流れの団体のようだ」と書いたが、識者によれば下記
「ATTAC 」自体は、元々は、フランスなどヨーロッパで、通貨投機に対してトービン税(通貨取引税)の導入を要求する市民運動として始まり、新自由主義やグローバリズムに反対する運動、ただし排外主義でなく、国際連帯を追求するオルタグローバリズムの運動として、ヨーロッパを中心に世界的に広まっています。ただしどこかに中心がある単一の組織ではなく、各地で独自に活動するネットワークです。そういう中で、 「ATTAC Japan(首都圏)」もできたのではないかと思います。「World Peasce Now 」とは直接の関係はないのではないかと思います。

  不用意に「World Peasce Nowとの関連」を書いたことをお詫びしておきます。

 
※2 本文中、福井市保健部長の濃厚接触者へのPCR検査について、
 「様子を見ながら検査」という発言について、濃厚接触者は
 「ハァ?いくらなんでも、濃厚接触者は、即全員検査だろう!と書いているが、
  現在のPCR検査は、発症しないと、極めて陽性が出にくい。
  そういう意味で、上の表現は不適切だ。
  しかし、保険部長の「様子見」の内容は不明であるが、現在、体温37.5℃が4日続くまで
  自主的に自宅待機、その後検査。(本当に自宅待機するかどうかさえ、保障もない。
  感染意識の高い人でも、生きるために全く外出しないわけにはいかない人もいる。)なんて
  メチャクチャな基準がある。37.5℃以下の軽症者については、検査さえしない。
  ただでさえ、発症してなくとも、感染することが指摘されている新型ウィルス。
  保健当局のあいまいな言い方については、疑惑を持たざるをえない。
 
新型コロナ発生以来、国内内外、ろくな「専門家」の情報しかなく、SNSなどでは、一部、根拠のない情報・議論や(ちゃんとした根拠があるなら否定はしないが、現実ない)陰謀説までもが、飛び交う混乱の中で、いくらか、ましな情報発信や運動も生まれつつあるように思います。しかし、状況は悪くなるばかりです。(中国などでは、最悪のレベルを脱しつつあるとはいえ、決して楽観できる状況ではなく、米中摩擦や中国経済が内包する問題も含めて、恐らく、経済的な打撃は、これから本格化してくると思われる。)
この危機の最中、稚拙ながら、声を大にしたい。黙ってられるか!
続きを読む >>

新型コロナ(COVID-19):特措法阻止!経済破綻をコロナ棄民と人権規制でごまかすな!

コロナ特措法が13日にも成立と伝えられる。
 
冗談じゃない。コロナ感染・治療対策を、極めて手前勝手な解釈で手を抜き感染者を棄民し、株価暴落や社会混乱、脅威の経済縮小に、為政者・医療エリート自身が動転し慌てふためき、自分達の不手際をゴマカシ・隠し、さらに手前勝手な手抜き感染対策と治療対策を強行するため、さらには、そのための棄民・犠牲者を出すことを正当化するため、批判・反対封じでもある「経験のない極悪法」を、野党も含めてシャンシャン議会で簡単に通すということだ。
  
自分自身は、上記のchangeORG署名そのものは、すでに賛同しておいたけど、今「の自分にやれるのは、これぐらいか」とも思い、しかし、やらないよりはまし程度でしかないのも事実だ。それも、同じ changeORG でも分散署名という程度でしかない。
それでも、断固阻止を叫びつづける。
 
なお、拡散希望メールに付加されたビデオ情報は下記です。ご覧ください。
 
続きを読む >>

新型コロナ( COVID-19) :うたい文句とは逆に弱者・感染者・棄民と犠牲者を増やす特措法断固阻止!

怒りが収まらん。

 

安倍は、オリンピックも風前の灯となり、単なるコロナ禍以上の日本経済の停滞に、ついにファシストたる本症を発揮して、特措法適用と「緊急事態宣言」を切望するようになった。
安倍よ、なにが緊急事態宣言だ!
お前が、自己保身と悪行の隠蔽・ゴマカシ、国威発揚オリンピックなどの私利目的から、感染を広げ犠牲者を増やし、「緊急事態」にしたんだろうが!
続きを読む >>

新型コロナ(COVID-19):安倍のデタラメ休校要請、 規制は「不要」なのか「不足」なのか

<< 以下、29日に前日の首相安倍の学校休校要請と、29日のそれに関する記者会見をうけて、脱・反原発団体などへ投稿したメールを修正・加筆したものです。 >>

 

安倍のデタラメで自己保身だけを考えた休校要請、その要請をまるで爆弾でも落とされたように大騒ぎする野党やマスコミ。

むろん、安倍のデタラメさ、真正ファシスト佐藤正久の「命令に近い要請」という本音(戒厳令への道ということ)、これで胡麻化そうという様々な真実などなど、当然、大騒ぎして、追及、糾弾すべきものです。
でも、なんかおかしいじゃないですか?
!!! 行動規制は、安倍が言おうが言うまいが、必要でしょう !!!

続きを読む >>

新型コロナ( COVID-19) :ちょっと違うんじゃないの?安倍のデタラメ学校閉鎖と「おんぶにだっこ・責任放棄」の地方行政

JUGEMテーマ:哲学とか思想とか愚痴とか。
<< 29日に前日の首相安倍の学校休校要請と、29日のそれに関する記者会見をうけて、脱・反原発団体などへ投稿したメールを修正・加筆したものです。 >>
いきなりですが、まず、言いたい。
これは、人の命にかかわる一大災害なのだ!
今日現在(2020年2月29日)、中国では2835人、日本でも11人が亡くなっており、増え続けいる!
それも、中国当局の初動処置・体制や安倍政権の腐りきったゴマカシ、隠蔽、財政出動のネグレクトなどなど、人災的要素の極めて強い大災害なのだ!
感染症の災害は、地震や台風、豪雨などとはちょっと違うが、感染爆発がおこれば、武漢の例をあげるまでもなく、学校は完全閉鎖となる、ならざるを得ない、それも極めて長期に多くの犠牲を出しながら。それを未然防止するためにも、今、休校は必要なのだ。できる限り、子供達、子供達の家族を守るためにも、あまりにも遅い処置であっても、「いきなり」ではない。

 

続きを読む >>

新型コロナ(COVID-19):一万人の死と引き換えの政府指針

JUGEMテーマ:哲学とか思想とか愚痴とか。

以下、2月25日に脱・反原発団体などへ投稿したメールを修正したものです。

<<前置きの前置き>>

表題の「一万人の死」とは、橋下徹の下記のような言辞が政府と同じ思想だという意味です。

 

2月18日のBS-TBSの報道番組での橋下の言辞は、下記のようなものです。

「政府指針で示されたような「規制処置」を、死亡率曲線のピークを抑えれば医療崩壊を防げる。「抑えても積分値はかわらない(流行が亡くなるまでの死者数は変わらない)けど、医療崩壊を防げるから他の病傷害からの患者を救える、最悪の政治・経済の混乱も避けられる。細かい対策は、もうあきらめ、インフルエンザ並みの1万人の死者は、いたしかたない。つまり、一万人の死はあきらめて、手を打つべき」(当該放送で橋下は、「一万人の死はあきらめる」というようなことを、一度ならず、繰り返した。

 

 

続きを読む >>

メモ:地球温暖化基礎

温暖化メカニズムについてはWEBで、「温暖化 メカニズム」で検索、google の場合、学術論文まで含めて検索された。

 

とりあえず、気象庁気象研究所サイトの下記を読んでみた。

    https://www.mri-jma.go.jp/Dep/cl/cl4/ondanka/frame.html