新型コロナ (COVID-19) :感染爆発の責任、為政者・医療エリートの怠慢と棄民

以下、3月24日に、市民運動のメーリスに投稿したものを修正したもの

 

多くの良心的な人々が、1・2月から危機感をもって言い続けてきた事態、既に世界中で始まった感染爆発(オーバーシュート)が、ここ日本でも、せまっているようです。
なんとか回避できればいい。しなくちゃいけない。
 
しかし、鳥インフルなどのパンデミック危機が、ここ数十年警告され続けてきたにもかかわらず、医療改革と称した利権争いや収奪強化に勤しんできた為政者とその取り巻き、医療関係のエリートたち。
ついに始まった武漢の事態にもかかわらず、カジノ好きの面目躍如というか、人々の命を平気で見捨て、さらには、クルーズ船対策などでは、殺人行為を行い(感染シャーレと言われたクルーズ船に乗客・乗員を閉じ込め、何人もの人を死においやった)、「不要不急」のオリンピックの強行にこだわり、なんの対策もしないまま、ここに至ったことを、改めて、指摘しておこう。
 
腐りきった彼ら自身の権力・権威・利権さえ、根底から脅かしかねない、この怠慢と愚行を、しっかり覚えておこう。
 
いかに異様かということのひとつが、日曜のNHKスペシャル「“パンデミック”との闘い〜感染拡大は封じ込められるか〜 」に登場した押谷仁東北大教授の言説だ。
続きを読む >>