新型コロナ (COVID-19) :命を守れ!利権あり(自然、社会)科学なき、感染、治療、経済対策に抗して

以下、3月22日に、市民運動のメーリスに投稿したものを修正したもの
 
※1 本文中「パンデミック恐慌VSパンデモス連帯〜3・21緊急日銀アクション」の主催団体について
 「World Peasce Now の流れの団体のようだ」と書いたが、識者によれば下記
「ATTAC 」自体は、元々は、フランスなどヨーロッパで、通貨投機に対してトービン税(通貨取引税)の導入を要求する市民運動として始まり、新自由主義やグローバリズムに反対する運動、ただし排外主義でなく、国際連帯を追求するオルタグローバリズムの運動として、ヨーロッパを中心に世界的に広まっています。ただしどこかに中心がある単一の組織ではなく、各地で独自に活動するネットワークです。そういう中で、 「ATTAC Japan(首都圏)」もできたのではないかと思います。「World Peasce Now 」とは直接の関係はないのではないかと思います。

  不用意に「World Peasce Nowとの関連」を書いたことをお詫びしておきます。

 
※2 本文中、福井市保健部長の濃厚接触者へのPCR検査について、
 「様子を見ながら検査」という発言について、濃厚接触者は
 「ハァ?いくらなんでも、濃厚接触者は、即全員検査だろう!と書いているが、
  現在のPCR検査は、発症しないと、極めて陽性が出にくい。
  そういう意味で、上の表現は不適切だ。
  しかし、保険部長の「様子見」の内容は不明であるが、現在、体温37.5℃が4日続くまで
  自主的に自宅待機、その後検査。(本当に自宅待機するかどうかさえ、保障もない。
  感染意識の高い人でも、生きるために全く外出しないわけにはいかない人もいる。)なんて
  メチャクチャな基準がある。37.5℃以下の軽症者については、検査さえしない。
  ただでさえ、発症してなくとも、感染することが指摘されている新型ウィルス。
  保健当局のあいまいな言い方については、疑惑を持たざるをえない。
 
新型コロナ発生以来、国内内外、ろくな「専門家」の情報しかなく、SNSなどでは、一部、根拠のない情報・議論や(ちゃんとした根拠があるなら否定はしないが、現実ない)陰謀説までもが、飛び交う混乱の中で、いくらか、ましな情報発信や運動も生まれつつあるように思います。しかし、状況は悪くなるばかりです。(中国などでは、最悪のレベルを脱しつつあるとはいえ、決して楽観できる状況ではなく、米中摩擦や中国経済が内包する問題も含めて、恐らく、経済的な打撃は、これから本格化してくると思われる。)
この危機の最中、稚拙ながら、声を大にしたい。黙ってられるか!
続きを読む >>